本文へスキップ

Laboratory of Materials Science and Nanotechnology
Osaka Prefecture University

 

新着情報 news

2015/12/15
社会人ドクターの下垣(尾崎)さんの論文が、Journal of Sol-Gel Science and Technologyに受理されました。ストーバー法を応用して、100nmクラスのナノポーラスシリカの大量合成法を確立した研究3部作の3作目です。1作目(J. Sol-Gel Sci. Technol., 74(1),109-113(2015)では、原料試薬の連続注入による合成方法の確立、2作目(J. Sol-Gel Sci. Technol., 76(1), 156-163 (2015))は試薬注入ダイナミクスによる粒径制御を報告しました。この3作目では、反応系の化学組成がナノシリカの形態におよぼす影響を解明しています。


Shimogaki T., Tokoro H., Tabuchi M., Koike N., Yamashina Y., Takahashi M.
Large Scale Preparation of Morphology-Controlled Microporous Silica Particles via Gradual Injection of Reactants with Different Surfactant
J. Sol-Gel Sci. Technol., in print

2015/12/11
博士後期課程(ダブルディグリーでイタリア・サッサリ大学派遣中)の鈴木君の論文がJournal of Applied Crystallographyに受理されました。水熱条件でナノ粒子凝集体の形状を自在に制御できることを見いだしました。


Suzuki K., Tokudome Y., Tsuda H., Takahashi M.,
“Morphology Control of BiFeO3 Aggregates via Hydrothermal Synthesis”,
Applied Crystallography, accepted for publication.
2015/12/03

社会人ドクター尾崎さんの論文が、RSC Advancesに受理されました。ポリマー前駆体に分散したナノポーラスシリカ粒子が、硬化したポリマーマックの表面に一層だけ規則配列し、無反射機能を有するポリマーハードコーティングが形成されるという内容です。妊娠中に投稿、子育てに奮闘しながら受理に持ち込むバイタリティがすごいです。

Tomoyo Shimogaki, Hiroki Tokoro, Minoru Tabuchi, Naoto Inoue, Takuji Tsukamoto, Toru Ishii, Nobuyuki Koike, Yohzoh Yamashina, and Masahide Takahashi
Single-process fabrication of antireflective acrylic hard coating via surface segregation of porous silica nanoparticles

RSC Advances
DOI: 10.1039/c5ra19914j

2015/11/30-12/08

高橋教授がイタリアに滞在し、共同研究を進めているサッサリ大学Luca Malfatti先生とDavide Carboni先生およびカリアリ-サッサリ大学と本学のダブルディグリー博士課程学生・鈴木との共同研究を進めます。

2015/11/27

高橋教授がiCeMS International Symposium on Processing and Engineering of Porous Materials(京都大学)にて招待講演

Masahide Takahashi
Metal Hydroxides as a New Platform for Functional Nano Materials

2015/11/25-12/05

徳留准教授と福井めぐ(M1)がJSTの国際共同研究プロジェクトSAKURAによる共同研究のために、CNRS/ブレーズ・パスカル大学所属Vanessa Prevot20159月に当研究室に滞在)の元を訪問する。治安情勢が悪化する中、研究への熱意を胸に旅立ちました。

徳留准教授はリスボン大学化学教室のCarla Maria Duarte Nunes教授とPedro  Duarte Vaz教授(20152月に討研究室に滞在)との共同研究打ち合わせのためにリスボンにも立ち寄る予定。

2015/11/22-12/18

CSIRO(豪州)のPaolo Falcaro博士の研究員であるRaffaele Ricco博士がMOF/水酸化物複合材料に関する共同研究のために研究室に滞在する。

 

2015/11/19-11/20

12回日本ゾル-ゲル討論会(北海道大学)において、JSPS特別研究員の岡田健司(現 大阪大学・助教)がベストポスター賞を受賞しました。栄転前に一発かましてくれました!

 岡田健司、徳留靖明、中平敦、高橋雅英
チタン酸ナノチューブの絡み合いによる階層的多孔構造を持つバルク体の形成とイオン交換タイトしての応用

 西村彩里、小澤鈴奈、原崇晃、徳留靖明、高橋雅英
グラフェンを含有した有機シロキサンラメラ薄膜の作製とその水蒸気バリア性


幸塚会長から賞状を受け取る岡田君

2015/11/04-11/08

The 2nd FZU-OPU Joint International Symposium on Photocatalysis, Photo-functional Materials and Nano-Science & Technology11/5-6, Fuzhou, China)とThe International Symposium on Photocatalysis at Fuzhou University11/7, Fuzhou, China)にて髙橋教授が招待講演を行いました。

 The 2nd FZU-OPU Joint International Symposium on Photocatalysis, Photo-functional Materials and Nano-Science & Technology

Masahide Takahashi
"Hierarchical Porous Materials from Solution"

The International Symposium on Photocatalysis at Fuzhou University
Masahide Takahashi

"Nanocluster metal hydroxides as a new platform for functional nanomaterials"

2015/10/29

岡田健司さん壮行会
JSPS特別研究員の岡田健司さんが大阪大学工学研究科の助教に栄転することになり、大学近くの海鮮居酒屋で壮行会を行いました。合計2年半飛び級で短縮した岡田さんの今後の活躍を研究室一同期待しています。

愛弟子の原(M2)から記念品の贈呈

2015/10/19-11/01

ブレーズ・パスカル大学Vanessa Prevot研究室Roger Borgesさん滞在

かなりシャイなブラジリアン!

2015/10/01-10/10
高橋教授と海外派遣中の研究員、博士課程学生がアルゼンチンに遠征しゾルーゲルスクールや国際会議に参加しました。高橋教授はSouth American Sol-Gel Schoolにて6時間の講義に加え、Fundacion Argentina de NanotechnolgiaNano Mercosur 2015において依頼講演やパネリストを務めました。

South American Sol-Gel School,
“How can material be smart? - Responsive and adaptive materials through Sol-Gel processing –“ (6 hours invited lecturer),
University of Buenos Aires, Argentina, 1~15/Oct/2015

ゾルゲルスクールでの若手研究者発表
Kenji Okada
“Tinate nanotube monolith for high capacity ion strage”

Kazumasa Suzuki
“Carbon quantum dots doepd mesoporus nO for efficient phsphors”

Naoki Tarutani
“Nanocluster metal hydroxides for capacitor battery”
 

Invited seminar at Fundacion Argentina de Nanotechnolgia
Masahide Takahashi
“Metal hydroxides as a new platform for functional nano materials”
Universidad Nacional de San Martín, Miguelete, Argentina, 3/Oct/2015.

Nano Mercosur 2015,
“Metal hydroxide nanotube brushes for functional interface“
Jeronimo Salguero, Buenos Aires 7/Oct/2015


南アメリカゾルーゲルスクールの参加者でのグループショット(サンマルティン大学内のアルゼンチンナノテク協会前)

Nano Mercosur 2015におけるパネルディスカッションでパネリストを務める高橋教授(英語-スペイン語の同時通訳で開催)

2015/09/23

恒例のBBQ@大泉緑地
OBからお肉の差し入れもありました。

2015/09/16-09/18

日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム(富山大学)において、ケミカルデザインセッションを高橋と徳留がオーガナイザーとして主催し、2件の研究発表を行いました。

制御された細孔を有する層状複水酸化物による生体分子の固定化
福井めぐ・徳留靖明・樽谷直紀・高橋雅英・Vanessa PrevotClaude Forano
(ブレーズ・パスカル大学)

水系反応場での Ni-Al 系層状複水酸化物ナノ粒子懸濁液の合成とその応用
徳留靖明・森本剛司・樽谷直紀・高橋雅英

2015/09/06-09/11

Sol-Gel2015(京都、メルパルク京都及びホテルグランヴィア京都)にて研究発表を行いました。ベスト・エクセレントポスター賞4件中の3件を、高橋研関係者で独占しました!!
また、学生さんがスタッフとして運営のお手伝いをしてくれました。お疲れさまでし
た。

ポスドク岡田くん、M2原くんが優秀ポスター賞を受賞!おめでとうございます!

共同研究者のDavide Carboni(サッサリ大学)も優秀ポスター賞受賞!

口頭発表
Zinc oxide nanocomposite porous films containing carbon quantum dots for sensitized and tunable photoluminescence
*K. Suzuki1,2, L. Malfatti1, D. Carboni1, M. Takahashi2, P. Innocenzi11University of Sassari, Italy, 2Osaka Prefecture University, Japan)

Thermally-induced peristaltic motion of surface wrinkles on bilayered hydrogels*M. Takahashi, H. Kuniwaki, K. Suzuki, Y. Tokudome

Metal hydroxide nanoclusters in aqueous media and ordered mesoporous crystalline hydroxides for green chemistry
*Y. Tokudome, N. Tarutani, T. Morimoto, M. Takahashi

ポスター発表
Excellent poster award!! Switchable water adhesion on superhydrophobic surface from titanate nanotube brush
*K. Okada, Y. Tokudome, A. Nakahira, M. Takahashi

Hierarchically porous layered double hydroxide composites with size-controlled microcages for selective adsorption of oxyanions
*N. Tarutani1, Y. Tokudome1, K. Nakanishi2, M. Takahashi1
(1Osaka Prefecture University, Japan, 2Kyoto University, Japan)

Thermoresponsive wrinkle formation on hybrid silica/poly(N-isopropylacrylamide) bilayered hydrogel for linear actuators
*H. Kuniwaki1, Y. Tokudome1, K. Suzuki1,2, D. Carboni2, G. Poologasundarampillai3, M. Takahashi1
(1Osaka Prefecture University, Japan, 2Università di Sassari, Italy, 3The University of Manchester, United Kingdom)

Mesostructured layered double hydroxide from nano-building blocks
*T. Morimoto, Y. Tokudome, N. Tarutani, M. Takahashi 

Excellent poster award!! Transparent and Robust Organosiloxane Hybrid Lamella Film as a Water Vapor Barrier Coating
*T. Hara, Y. Tokudome, R. Abe, S. Ozawa, M. Takahashi


国際交流もばっちりです!

2015/09/02-09/06

CNRS/ブレーズ・パスカル大学所属Vanessa PrevotさんがLDHの生態系応用に関する共同研究(JST-SAKURAプロジェクト)にて研究室に滞在
正面からの写真がない・・・

2015/08/25-09/06

イギリス・マンチェスター大学Gowshさんが、三次元X線トモグラフィーに関する共同研究で、2度目の滞在

2015/07/29-07/31

牧浦研究室と合同で夏の中間発表会を行いました。研究室外の人が参加すると準備に気合いが入るようです。

2015/07/24

第10 日本セラミックス協会関西支部 学術講演会(京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ)にてM1生が研究発表を行いました。

コバルト-カーボン系ナノコンポジット材料の合成
○寄能大佑、徳留靖明、高橋雅英
酸塩基反応による有機-ケイリン酸分子制御
○高野将成、徳留靖明、高橋雅英
タンパク質の高密度固定化を目指した多孔性層状複水酸化物の細孔径制御
○福井めぐ、徳留靖明、樽谷直紀、高橋雅英、Vanessa Prevot**、Claude Forano**(**ブレーズ・パスカル大学)
導電性基板上に作製した金属有機構造体の構造制御と電気化学特性
○澤井翔太、徳留靖明、高橋雅英

2015/07/13-07/31
アデレード大学のChristian Doonan研究室のPhD学生Andrew Tarziaが共同研究のために当研究室に滞在しました。水酸化物を足場としたMOF/COF合成の共同研究テーマを進めました


2015/07/04-08/3
森本(M2)がリスボン大学化学教室のCarla Maria Duarte Nunes教授、Rutherford Appleton研究所のPedro  Duarte Vaz教授(2月に当研究室に滞在)との共同研究のためポルトガルに1ヶ月間滞在して実験を行います。LDHを有機反応の固体触媒としての利用を開拓します。


2015/06/25
高橋教授がNanoapp 2015 Conference (6/23-26, Maribor, Slovenia)にて招待講演を行いました。

 
Stimuli-responsive microarchitectures with peristaltic capabilities based on bilayered hybrid materials
Masahide Takahashi

2015/06/22
樽谷(D2)と徳留准教授の論文が受理されました。階層的多孔性複水酸化物の化学組成制御により、環境有害物質のオキシアニオンを高効率に選択吸着することに成功しました。

 
Layered double hydroxide (LDH) monolithic composites with hierarchical pores (macropores, mesopores, and microcages) were fabricated via a sol-gel reaction. Size adjusted microcage improved adsorption capacity for CrO42− oxyanion.

Fabrication of hierarchically porous monolithic layered double hydroxide composites with tunable microcages for effective oxyanion adsorption
Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Megu Fukui, Kazuki Nakanishi and Masahide Takahashi
RSC Advances
DOI: 10.1039/c5ra05942a

2015/06/19

高橋教授がモンペリエ第2大学(フランス)にて依頼セミナーを行いました。
(ホスト:Hubert Mutin教授)
 Recent advances on nonhydrolytic sol-gel processing

2015/06/01
社会人ドクターの尾崎(下垣)さんの論文がJ. Sol-Gel Sci. Technol.に受理されました。
前報で報告した「原料連続注入法による単分散メソポーラスシリカ合成法
J. Sol-Gel Sci. Technol., 74(1), 109-113(2015) DOI:10.1007/s10971-014-3583-2)」を用いて、種々の粒径と気孔率を有する単分散メソポーラスシリカの合成手法を確立しました。

原料連続注入法で作製した種々のメソポーラスシリカ粒にのTEMイメージ

Morphology Control of Microporous Silica Particles Obtained by Gradual Injection of Reactants
Tomoyo Shimogaki, Hiroki Tokoro, Minoru Tabuchi, Nobuyuki Koike, Yohzoh Yamashina, and Masahide Takahashi
J. Sol-Gel Sci. Technol., accepted.
DOI: 10.1007/s10971-015-3762-9
 

2015/04/17
OBの吉井さんが顔を出してくれました。
 
2015/04/06~10
2015 MRS Spring Meeting & Exhibit(San Francisco, USA)にて
髙橋教授が研究発表を行いました。
Thermoresponsive Surface Wrinkle Structures on Organosilica/PNIPAM Films for Linear Actuators
Masahide Takahashi
2015/04/02
お花見 (白鷺公園にて)
 
2015/03/24
H26年度学位授与式 
岡田さん マテリアル工学分野大学院学業優秀賞 おめでとう!
中根さん 修士論文発表 優秀賞おめでとう!

送別会の様子は後日アップします
2015/03/18-20 

日本セラミックス協会2015年年会 (20153月,岡山)において
研究発表を行いました。

3/18
結晶性水酸化物ナノ構造-水酸化物ナノクラスターの合成とその制御-
徳留靖明

3/19
分子レベルで構造制御したケイリン酸ガラスの作製と物性評価
○古金卓也・徳留靖明・高橋雅英

層状複水酸化物ナノ結晶の合成とメソ構造体構築
○森本剛司・徳留靖明・樽谷直紀・高橋雅英

層状複水酸化物多孔体へのタンパク質吸着における分子ふるい効果
○徳留靖明・福井めぐ・樽谷直紀・西村彩里・高橋雅英

2015/02/23-24
卒業論文発表会
お疲れさまでした。
  
2015/02/16-17
修士論文発表会
みんな立派に研究成果を報告しました。
 
2015/02/09
岡田(PD)と朝倉(M2)の成果が、Chem. Mater.誌に採択されました。チタン酸ナノチューブが絡み合った階層的多孔性モノリスの合成手法を開拓し、イオン交換媒体として優れていることを見いだしました。市販のイオン交換樹脂よりイオン交換容量が大きいという大容量イオン交換だけでなく、優れた高温安定性(数百度まで安定)や再生使用が可能という実用材料として優れた特性を示します。放射性Csの回収などで威力を発揮することが期待されます。

Okada K., Asakura G., Nakahira A., Tokudome Y., Takahashi M.,
"Macroporous Titanate Nanotube Monolith for Fast and Large-Capacity Cation Exchange",
Chem. Mater., in press.
DOI:10.1021/acs.chemmater.5b00184

 
2015/02/01~02/10 
Pedro Duarte Vazさん滞在

Rutherford Appleton研究所(なんと部署名は「ISIS」)から、Pedroが短期滞在で来日しました。10日ほど滞在してLDHに関する共同研究を行います。

 

Pedroによるセミナーの様子。2時間以上にわたって熱い議論を交わしました。

2015/01/23-26 

15th International Symposium on Biomimetic Materials Processing
(Nagoya, Japan, 2015) において髙橋教授が発表を行いました。
M.Takahashi
Responsive surface wrinkles on organic-inorganic hybrid films

2015/01/07 
サッサリ大学Plinio Innocenzi研との共同研究成果が、J. Phys. Chem. Bに採択されました。鈴木(D2)イタリアでの成果の初論文です!

メソポーラスZnO中にカーボン量子ドットを添加した薄膜において、特異なエネルギー移動を見つけました。

Suzuki K., Malfatti L., Carboni D., Loche D., Casula M., Moretto A., Maggini M., Takahashi M., Innocenzi P.,
“Energy transfer induced by carbon quantum dots in porous zinc oxide nanocomposite films”,
J. Phys. Chem. C, 119 (5), 2837–2843 (2015).
DOI: 10.1021/jp510661d

2015/01/01
あけましておめでとうございます

今年も研究に遊びに全力投球します! 

2014/12/26
忘年会

一年の労をねぎらうために忘年会を開催しました。あまりに盛り上がりすぎて、写真を撮るのを忘れてしまいました。

2014/12/20
関西無機機能性材料研究会@i-siteなんば

年末恒例の4研究室による合同中間発表会を開催しました。今年は世話人研究室として研究会を準備しました。80名ほど集まって大いに研究の議論を行いました!

 
中根浩平くんが最優秀ポスター賞を受賞!
学生の相互投票により、最も得票を集めたM2中根が最優秀発表賞をゲットしました!
 

2014/11/21
岡田健司くんがフランス・モンペリエ大学に留学します。めでたく学位を取得した岡田(現学振PD)が、一年の予定でモンペリエ大学に留学します。あちらでは、Hubert Mutin(発音がチョー難しい)教授の下で非水系のゾルーゲル反応などの共同研究を進めます。
 
岡田のフランス留学壮行会の様子。ちなみに、高橋教授はイタリア出張中のため現場には不参加でしたが、Facetimeのテレビ電話にて、卒業生の阿部とともに飛び入りしました。
2014/11/17~12/25
髙橋教授イタリア・サッサリ大学出張
共同研究のためにサッサリ大学に1ヶ月滞在しました。ダブルディグリーでサッサリ大学・カリアリ大学の合同PhDスクールに留学中の鈴木(D2)とカーボン量子ドット添加メソポーラスZnOに関する研究を進めました。
 

イタリア滞在中に卒業生でイギリスの大学院に進学した阿部、オーストリアにてインターン中の西村(M2)がイタリアまで訪ねてきてくれて「第1回高橋ラボヨーロッパ支部集会」を開催しました。教え子が国際的に活躍していて誇らしかったとのこと(高橋談)。
諸事情で開始が遅くなったものの、レストランと交渉して午前1時まで営業してもらいサルディニアの食事とワインを楽しんでいるところ。写真は午前0時頃と思われる。鈴木の交渉力すごい!!(もちろんイタリア語))

2014/11/11

社会人ドクター・下垣の論文が受理されました。
メソポーラス単分散ナノシリカの大量合成法を開発しました。



Large-Scale Synthesis of Monodisperse Porous Silica Nanoparticles by Gradual Injection of Reactants
Shimogaki T., Tokoro H., Tabuchi M., Koike N., Yamashina Y., Takahashi M.,
J. Sol-Gel Sci. Technol., published on web.
DOI: 10.1007/s10971-014-3583-2

2014/11/6~16

イギリス・マンチェスター大学のGowsihan Poologasundarampillai博士(あまりに名前が長いので”Gowsh”と呼びます)が、放射光を利用した3次元X線トモグラフィーに関する共同研究のために、研究室に滞在します。

 
2014/11/6

多くの外国人研究者が滞在している好機を捕らえて、ナノ材料に関する国際セミナー'International Seminar on Advanced Materials'を,I-siteなんばで開催しました。日本側からは、関西大学・幸塚教授、京都大学・中西准教授に講演をいただきました。
トピックを絞った先端的な内容に,70名を超える参加者が集まり大いに交流を深めました。

 

2014/11/5~11/9
イタリア・サッサリ大学のPlinio Innoenzi教授が、来日中に研究室に一時滞在しました。
 

2014/11/2~11/15

イタリア・サッサリ大学のLuca Malfatti博士が、頭脳循環プロジェクト「国際的ナノ材料ハブの形成」に関連して、共同研究打ち合わせ、セミナー、実験のために研究室に滞在します。

 
2014/10/23~11/11
アルゼンチンCNEAのGalo Soler-Illia教授が招聘教授として研究室に滞在します。メソポーラス薄膜の合成と応用について講義シリーズと共同研究を展開します。
 
2014/10/17
社会人ドクター・福田君の論文が「材料」誌に受理されました。低熱膨張性チタン酸アルミニウムセラミックスにシリカを添加することで、機械強度が大きく向上することを見いだしました。

シリカ添加量と焼結後のセラミックスの外観

Effect of SiO2 addition on thermal properties of Al2TiO3 ceramics
Masahiro FUKUDA, Toshinobu YOKO, Masahide TAKAHASHI
材料、受理

2014/10/12~16
徳留助教とD樽谷がMaterials Science & Technology 2014 (Pittsburgh, USA)で研究発表を行いました。

A Versatile Strategy for Ordered Mesoporous Crystalline Hydroxides: In-situ Nanocrystallization Accompanied with Self-assembly
Yasuaki Tokudome, Naoki Tarutani, Tsuyoshi Morimoto, Masahide Takahashi

Layered Double Hydroxide-based Monolithic Adsorbent with Tailored Hierarchical Channels
Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi

2014/10/08
徳留助教、原(M1)、阿部(卒業生)の論文が、ACS Applied Materials & Interfacesに受理されました!
層状シロキサン薄膜が優れた水蒸気バリア性を示すことを実証しました。


Tokudome Yasuaki, Hara, Takaaki, Abe, Risa, Takahashi Masahide

"Transparent and robust siloxane-based hybrid lamella film as a water vapor barrier coating",

ACS Applied Materials & Interfaces, accepted.
2014/10/02
Workshop on synthesis and applications of novel functional porous materials
小さな国際ワークショップを主催しました。準備をドクターの学生達に任せた
ら、とてもおもしろいサイエンスと愉快な仲間が集まりました!鳥屋尾くん、岡
田くんはじめ学生さん達ありがとう。パーティーのたこ焼き最高でした!
 

2014/09/30
岡田健司くんが学位を取得しました。研究室発足してからの第1号博士です。
学部で1年、大学院で1年半飛び級しての学位取得おめでとう!
今後の活躍を期待しています。
まずは名刺を作ろうか?
 
2014/09/28~10/1
MOF2014(Kobe, Japan)
おいて岡田 健司くんが研究発表を行いました。
9/29
Site-Selective Formation of Cu3(BTC)2 MOFs on 3D Copper Surface
Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Masahide Takahashi, Paolo Falcaro, Mark Styles, Riccoʼ Raffaele
2014/09/25~27
2nd TKU-OPU joit symposium(Tamkang University, Taiwan)
おいて徳留助教が招待講演を行いました。
9/25
Superhydrophobic Titanate Nanostructure for Switchable and Reversible Water Manipulation
Yasuaki Tokudome

9/26
The TKU-ECUST-OPU-KIST International Symposium on advanced material
Well Defined Mesostructured Carbons with Morphology-induced Hydrophilic Surface
Yasuaki Tokudome
2014/09/17
D1鈴木一正の論文がAIP Conference Proceedingsに受理されました。
イタリア・カリアリでの
The 2014 Symposium SiO2, Advanced Dielectrics and Related Devicesのカンファレンスプロシーディングです。入れ子型のしわ構造「Nested wrinkles」がシロキサン薄膜上に形成するメカニズムを解明しました!
 


Formation Mechanism of Photo-Induced Nested Wrinkles on Siloxane-Photomonomer Hybrid Film
Kazumasa Suzuki, Yasuaki Tokudome and Masahide Takahashi
AIP Conference Proceedings

2014/09/09~11
日本セラミックス協会 第27回秋季シンポジウム(鹿児島大学 郡元キャンパス)
おいて研究発表を行いました。
9/9
Cu(OH)2上へのヘテロエピタキシャル成長によるMOFの配向性制御
○原 崇晃・岡田 健司・徳留 靖明・高橋 雅英

熱応答性ポリマーを用いた表面微細しわ構造の作製
○國脇 大樹・徳留 靖明・高橋 雅英

交互共重合型オキソポリマーの新展開
高橋雅英(招待講演)

9/11
ディウェッティングを抑制したプロセスによるメソポーラスカーボン薄膜の作製と構造誘起親水化表面の形成
○徳留 靖明・中根 浩平・高橋 雅英
2014/09/04
ICNM2014(International Conference on NanoMaterials)(Flic en Flac, Mauritius)
において高橋教授が招待講演を行いました。


Metal hydroxide nanotube brushes for functional interface

Masahide Takahashi
 
2014/08/25
International Symposium on Non-Oxide and New Optical Glasses,ISNOG 2014
(Jeju, Republic of Korea)において高橋教授が招待講演を行いました。

Chemical approach for organic-inorganic hybrid glassy materials of predetermined network structures: preparation and optical applications
Masahide Takahashi
2014/08/21
院試等いろいろお疲れさまでしたの会
 
2014/08/07~08

日本ゾル- ゲル学会 第12回討論会つくば国際会議場 つくば市)にて発表しました。
チタン酸ナノチューブブラシを用いた可逆的超撥水膜の形成
○岡田健司、徳留靖明、髙橋雅英

連続注入法による多孔質シリカ微粒子の合成と表面修飾

○下垣知代、所寛樹、田淵穣、山科洋三、髙橋雅英

水熱合成法によるBiFeO3の凝集プロセス制御

○鈴木一正、津田大、徳留靖明、髙橋雅英

高効率バイオ燃料生成触媒としての多孔性層状複水酸化物の開拓

○樽谷直紀、徳留靖明、中西和樹、髙橋雅英

樽谷直紀
君が
ベストポスター賞受賞!おめでとう!

 
2014/08/04
前期中間発表の後の打ち上げ
 

2014/07/25

第 9 回 日本セラミックス協会 関西支部 学術講演会(大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 学術交流会館)にて発表しました。

ポスター発表
熱応答性ポリマーを用いた表面微細しわ構造の作製
○國脇大樹,徳留靖明,高橋雅英

メソ多孔性層状複水酸化物コンポジット薄膜の作製
○森本剛司,樽谷直紀,徳留靖明,高橋雅英

層状有機シロキサン薄膜の水蒸気バリア材料への応用
○原崇晃,徳留康明,高橋雅英

シロキサン微粒子表面における可逆的褶曲構造形成
○福井つばさ,徳留靖明,鈴木一正,朝倉元樹,高橋雅英

金属-有機構造体マイクロ孔内へのTiOxの導入-前駆体加水分解時の湿度がTiOx
形成に与える影響-

○堀筋靖人,牧浦理恵,徳留靖明,高橋雅英

分子設計による形態制御ケイリン酸ガラスの作製と物性評価
○古金卓也, 徳留靖明,高橋雅英

2014/07/12~13
三重県に講座旅行に行って来ました。
 

 

2014/07/6~10

CAS-CSIRO Annual joint conference on Advanced Materials Brisbane, Austaraliaにて岡田健司君が発表しました。

Kenji Okada

Surface Functionalities Derived From Hydroxide Nanotubes Brushes

2014/06/17

徳留助教と中根(M2)が中心となって進めた研究がCarbonに受理されました。

ブロック共重合体のマイクロ相分離を利用して、メソポーラスカーボンのメソ構造制御に成功し、構造依存した表面特性を実現しました。表面処理を行うこと無く親水表面を有するカーボン薄膜や粒子を作製でき、水系電解質などでも電極動作が可能となりました。

 

Mesostructured carbon film with morphology-induced hydrophilic surface through a dewetting-free coating process
Yasuaki Tokudome*, Kohei Nakane, and Masahide Takahashi*
Carbon, accepted

2014/06/16~18
The 2014 Symposium SiO2, Advanced Dielectrics and Related Devices
Cagliari, Italyにおいて高橋教授が招待講演を行いました。
invited lecture(17/June)
M. Takahashi
Responsive micro wrinkles on siloxane-polymer hybrid films for selective adsorption/desorption substrates
 
岡田健司君がベストポスター賞受賞!!

 
発表を終えて・・カリアリの展望台にて
イタリア留学中の鈴木くんと
2014/06/10
CIMTEC2014 (13th International Conference on Modern Materials and Technologies) 8-19/June/2014 Montecacini Terme, Italy,
において高橋教授が招待講演を行いました。
Invited lecture:(10/June)
M. Takahashi 
“Highly doped organic-inorganic hybrid materials for memory and laser applications”
2014/06/04
平成26年粉体粉末治金度春季大会(第113回講演大会)(早稲田大学国際会議場)にて2件発表しました。
水熱合成法によるチタン酸ナノチューブ(TNTs)モノリスの作製
朝倉元樹,岡田健司,徳留靖明,中平敦,高橋雅英
UV誘起分子移動を用いたPEO‐PPO‐PEOブロックコポリマーパターンニング

岡田健司・徳留靖明・髙橋雅英
岡田健司君が優秀講演論文賞受賞 おめでとう!
2014/05/28
就活祝賀会

就職活動お疲れさまでした。
来春から立派な社会人になってください。
2014/05/14

オーセラとの共同研究成果が「粉体粉末および冶金」に受理されました。低熱膨張性セラミックスであるチタン酸アルミの欠点である、熱分解を抑制する手法を見いだしました。

化学的・物理的修飾によるチタン酸アルミニウム系低熱膨張性高温材料の新展開
福田匡洋、高橋雅英
粉体粉末および冶金 受理

2014/04/16

中平研との合同新歓コンパ

 
2014/03/24
H25年度学位授与式 

樽谷さん H25年度後期学長顕彰 受賞 修士論文発表 最優秀賞
鈴木さん 修士論文発表 優秀賞
おめでとう!
吉井さん送別会&髙橋先生受賞サプライズ
 
 

第68回日本セラミックス協会年会にて、髙橋教授が「日本セラミックス協会賞学術賞」の受賞講演をおこないました。同賞は、「セラミックスの科学・技術に関する貴重な研究をなし、その業績特に優秀な者」に与えられる賞です。
髙橋先生おめでとうございます!
http://www.ceramic.or.jp/csj/hyosho/kyoukaisho_jusho_list.html
研究室内の受賞記念パーティー(別名:たこ焼きパーティー)にて、学生一同より副賞としてペア・ワイングラスの贈呈がおこなわれました。
2014/03/17~19

日本セラミックス協会年会(慶応大学日吉キャンパス)にて4件発表しました。

階層的多孔構造を有する層状複水酸化物モノリス:細孔構造および化学組成制御
樽谷直樹・徳留靖明・(京都大学)中西和樹・髙橋雅英

Cu(OH)2表面でのCu2(bdc)2 型 MOF の配向成長

岡田健司・徳留靖明・髙橋雅英・(CSIRO)Falcaro Paolo

平成25年度学術賞受賞講演

酸化物ナノチューブブラシを用いた機能性材料の新展開
髙橋雅英


サテライトプログラム「エネルギー変換の材料科学研究会

層状腹水酸化物のナノ・マクロ構造制御がもたらす機能性
徳留靖明

2014/03/14
鈴木くん・西村さん送別会 


(他の写真はコチラ)
2014/03/11

M2樽谷の初第一著者論文が受理されました!
層状腹水酸化物で階層的多孔性モノリスの構造制御と吸着特性の向上を達成しました。


Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi and Masahide Takahashi
Layered double hydroxide composite monoliths with three-dimensional hierarchical channels: structural control and adsorption behavior
RSC Advances, DOI: 10.1039/c4ra00873a.

2014/01/24~27
BMMP14において、徳留助教が招待講演

(Invited)
Layered Double Hydroxide (LDH)-based Monolith with Interconnected Hierarchical Channels: Enhanced Sorption Affinity for Anionic Species

Y. Tokudome, N. Tarutani, K. Nakanishi, M. Takahashi
2014/01/01
あけましておめでとうございます
2013/12/26~27
研究室の後期中間発表会、からの忘年会
 
2013/12/21
第5回関西無機機能性材料研究会(関西大学)において、学生全員がポスター発表をしました。以下のメンバーが、優秀発表賞で表彰されました!!

岡田健司、樽谷直樹、朝倉元樹、中根浩平
 
おめでとうございます!
2013/12/15
徳留助教の論文が、J. Mater. Chem AのBack Coverに採用されました!
Switchable and Reversible Water Adhesion on Superhydrophobic Titanate Nanostructures Fabricated on Soft Substrates: Photopatternable Wettability and Thermomodulatable Adhesivity
Yasuaki Tokudome, Kenji Okada, Atsushi Nakahira, Masahide Takahashi,
J. Mater. Chem A (Communications), 2, 58-61(2013) OCT. (Cover page paper)
DOI: 10.1039/c3ta13536e
2013/11/26
粉体粉末冶金協会秋期年会(名古屋国際会議場)において、高橋が招待講演

チタン酸ナノチューブブラシを用いた吸着性超撥水膜の作製
(大阪府立大学)○高橋雅英,岡田健司,徳留靖明

2013/11/26
ブロック共重合体薄膜の光活性を利用したパターン形成の論文がAdvanced Functional Materialsに受理されました!!
豪州CSIRO、SPRING-8、サッサリ大学、京都大学との共同研究成果です。
研究開始から、実に3年以上。かなり難解な研究課題でしたが、しつこく諦めずに取り組んだ成果です。共同研究者が徐々に増えてきて、最後は10名の共著者論文となりました。全ての共著者の寄与が結果に反映された、本当の共同研究成果といえます。
多くの協力と長い時間を費やした事もあり、受理されて本当に良かったです!

Micropattern formation by molecular migration via UV-induced dehydration of block copolymer
Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Rie Makiura, Kristina Konstas, Luca Malfatti, Plinio Innocenzi, Hiroki Ogawa, Toshiji Kanaya, Paolo Falcaro, Masahide Takahashi

2013/10/31
日本女子大学・島田研との共同研究成果がOptics Lettersに受理されました!

Enhanced photoluminescence emission from anthracene-doped polyphenylsiloxane glass
Megumi Kimura, Naoki Tarutani, Masahide Takahashi, Sanjay Karna, Arup Neogi, Ryoko Shimada
Opt.Lett., 38(24), 5224-5227, (2013) DEC.
DOI: 10.1364/ol.38.005224

2013/10/31
(株)オーセラからの社会人ドクター・福田匡洋の論文が公開されました!

Decomposition free Al2TiO5-MgTi2O5 ceramics with low-thermal expansion coefficient
Masahiro Fukuda, Toshinobu Yoko, Masahide Takahashi
New J. Glasses Ceram.3(4), .111-115 (2013)

DOI:10.4236/njgc.2013.34018

2013/10/29
岡田(D1)と徳留助教の論文が、J. Mater. Chem. Aに受理されました!チタン酸ナノチューブブラシ表面の超撥水領域における可逆吸着性に関する成果です。




Switchable and Reversible Water Adhesion on Superhydrophobic Titanate Nanostructures Fabricated on Soft Substrates: Photopatternable Wettability and Thermomodulatable Adhesivity
Yasuaki Tokudome, Kenji Okada, Atsushi Nakahira, Masahide Takahashi,

J. Mater. Chem A in press.

2013/10/25

オーストラリアCSIROとの共同研究成果が、Advanced Functional Materialsに受理されました!
常温/常圧環境下、アルコール養鶏中での、金属Cuからの直接MOF成長に成功しました。
Good job,Kenji Okada!!

Copper conversion into Cu(OH)2 nanotubes for positioning Cu3(BTC)2 MOF crystals: controlling the growth on flat plates, 3D architectures and as patterns
Kenji Okada, Raffaele Ricco, Yasuaki Tokudome, Mark J. Styles, Anita J. Hill, Masahide Takahashi*, Paolo Falcaro*



HKUST-1 [Cu3(BTC)2] coating with a good adhesion are homogeneously fabricated on copper metal plates, 3D objects, and patterns. The MOFs are converted from any metallic Cu object via Cu(OH)2 nanotubes at room temperature in approximately 30 minutes using an aqueous ethanolic mixture. The conversion mechanism from copper hydroxide nanotubes into Cu3(BTC)2 is revealed by electron microscopy time-course monitoring.

Adv. Func. Mater. accepted.

2013/10/3~11/4
大阪府立大学招聘教授としてオーストラリアのCSIROからDr. Paolo Falcaroが滞在して、講義やセミナーを開催してくれます。Paoloは、ナノメゾ材料国際共同研究所(iLMNT)の客員教授でもあります。


Paoloを囲んで週末にBBQ

2013/10/8

一年間、イタリア留学していた徳留助教が帰国しました。
帰国翌日には、高橋の代理で会議に出る(ださされる?)など、さっそく活動開始です。

2013/9/25
年限短縮で修士を取得した鈴木一正がドクターコースに進学しました。また、学振DC1にも採用されました!
おめでとう

2013/9 /6

分子ナノテクノロジー第174委員会 第44回研究会にて、高橋が依頼講演をおこなう。

高橋雅英(依頼講演)
酸化物オリゴマー分子の設計と機能創出

2013/9 /4~6
日本セラミックス協会秋期シンポジウム(信州大学)にて成果報告
高橋がケミカルデザインセッションのオーガナイザーの一人を務める

口頭発表
ZnO ナノロッドを前駆体としたフレキシブル基板上へのMOFs( ZIF-₈) の形成
(大阪府立大学)○岡田健司・徳留靖明・高橋雅英・(関西大学)幸塚広光

2013/8/25~30
SOl-Gel2013(国際ゾル-ゲル討論会@マドリッド)にて鈴木一正(M2)がベストポスター賞受賞!!
プレゼン中の鈴木
国際ゾル-ゲル学会からの賞状
スポンサーのNSGからの賞状


Best poster award!!
(poster) Hierarchical nested wrinkle structures with stimuli-response on silica-polymer hybrid films
Kazumasa Suzuki, Yasuaki Tokudome, Masahide Takahash


2013/8/25~30
SOl-Gel2013(国際ゾル-ゲル討論会@マドリッド(Melia Castilla Hotel))にて成果報告
ついでに、高橋がISGS(国際ゾル-ゲル学会)理事に選出される


(oral)
 Titanate nanotube brushes for functional interfacial applications
Kenji Okada, Yasuaki Tokudome, Atsushi Nakahira, Masahide Takahashi
講演中の岡田(D1)

(invited) Stimuli-responsive periodic micro structures on oxide-polymer hybrid films
Masahide Takahashi


Best poster award!! (poster) Hierarchical nested wrinkle structures with stimuli-response on silica-polymer hybrid films
Kazumasa Suzuki, Yasuaki Tokudome, Masahide Takahashi

(poster) Spontaneous formation of crystalline hydroxide monolith with interconnected hierarchical channels: enhanced adsorption capability for anionic species
Yasuaki Tokudome, Naoki Tarutani, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi

(poster) Synthesis and characterization of layered double hydroxide-based monolithic material with controlled hierarchical channels
Naoki Tarutani, Yasuaki Tokudome, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi


2013/8/1~2
日本ゾル-ゲル学会第11回討論会にて発表

高橋 雅英
入門セミナー「ゾル-ゲル法による反応制御と機能創出

下垣知代、所寛樹、田淵穣、山科洋三、高橋雅英
多孔質シリカ微粒子の効率的合成手法の開発
ベストポスター賞受賞!!

樽谷直紀、徳留靖明、高橋雅英、中西和樹
化学組成および細孔構造が制御されモノリス型層状複水酸化物多孔体の合成と分子吸着挙動

中根浩平、徳留靖明、高橋雅英
ブロックコポリマーのミクロ相分離構造をテンプレートにした導電性基板上へのメソポーラスカーボン薄膜の作製と構造制御


下垣さん(社D1)がベストポスター賞受賞!!


2013/7/26
日本セラミックス協会関西支部学術講演会にて発表多数

口頭発表
チタン酸ナノチューブブラシを用いた機能性界面の創出
○岡田健司,徳留靖明,中平敦,高橋雅英

ポスター発表
水熱法による二次粒子の形態及び内部構造を制御した BiFeO3の作製
○鈴木 一正, 徳留 靖明, 高橋 雅英

メソ構造を有するシリカ薄膜における応答性表面微細しわ構造の作製
○朝倉元樹・岡田健司・鈴木一正・徳留靖明・高橋雅英

ソフトテンプレート法を用いた導電性基板上へのメソポーラスカーボン薄膜の作製と構造制御
○中根浩平、徳留靖明、高橋雅英

超格子構造を有する熱電材料の創製に向けた SrTiO3及び TiO2ナノ結晶の作製
○劉 増光・徳留 靖明・高橋 雅英* 牧浦 理恵

層状複水酸化物を足場とした金属有機構造体の配向成長
○西村彩里,樽谷直紀,岡田健司、徳留靖明,高橋雅英

研究室紹介
大阪府立大学大学院工学研究科物質・化学系専攻 マテリアル工学分野ナノテク基盤材料研究グループ
○岡田健司,徳留靖明,高橋雅英


2013/7/24
関西接着ワークショップ『複合・ハイブリッド材料の最前線』(神戸大学「梅田」インテリジェントラボラトリ)にて高橋が招待講演。

高橋雅英
応答性微細構造を有する有機-無機ハイブリッド薄膜の形成と応用


2013/7/22,29

研究室の前期中間発表


打ち上げの様子(@いつものトリキ)


2013/7/15
M2の樽谷直紀が、サッサリ大学への短期留学に出国。
8月末のSol-Gel2013(マドリード)に出席後帰国予定。


2013/7/13
サッサリ大学との共同研究成果が、New J. Chem.のHot Articlesに選出されました!Davide、おめでとう!

http://blogs.rsc.org/nj/2013/06/27/njc-hot-articles-2/

Molecularly imprinted La-doped mesoporous titania films with hydrolytic properties toward organophosphate pesticidesby Davide Carboni, Luca Malfatti, Alessandra Pinna, Barbara Lasio, Yasuaki Tokudome, Masahide Takahashi and Plinio Innocenzi; New J. Chem., 2013, Advance Article; DOI: 10.1039/C3NJ00291H, Paper 

 


2013/7/5
メンバーページをやっと更新


2013/6/17
オーストラリア・CSIROにて、「Mini-Symposium on Advanced Nanomaterials Design」に高橋が出席&招待講演

Masahide Takahashi, Osaka Prefecture University
Responsive micro architectures on polymer-oxides hybrid films


カンファレンスディナーのステーキ、最高においしかったです。
2013/6/7

本学・なんばキャンパスにて、ゾル-ゲルセミナーを開催
学生の皆さん、お手伝いありがとうございました。

2013/5/31
オーストラリア・CSIROに短期留学中の岡田(D1)が、現地で開催された「CSIRO Intelligent Processing Symposium (Melbourne 29-31/May, 2013)」で、Best Poster Awardを受賞しました。


懇親会で、もう一人の受賞者のEricaと一緒に表彰されました。
賞状


2013/4/24~28
iLMNT副所長のPlinio Innocenzi教授(サッサリ大学、駐北京イタリア大使館技術参事兼任)が来日。高橋とともに「日本の中のイタリア」年記念シンポジウムに出席
2013/4/23
樽谷と徳留の論文がJ. Mater. Chem. Aに受理されました!
mm、μm、nm、sub-nmの4段階の階層構造を有する、層状複水酸化物モノリスを合成し、優れた物質輸送特性とアニオン吸着性を示すことを示しました。

Layered Double Hydroxide (LDH)-based Monolith with Interconnected Hierarchical Channels: Enhanced Sorption Affinity for Anionic Species
Yasuaki Tokudome,* Naoki Tarutani, Kazuki Nakanishi and Masahide Takahashi





Monolithic layered double hydroxides (LDHs) with interconnected channels have been expected to enhance sorption rate as well as increase accumulation of anions.

http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2013/ta/c3ta11110e/unauth


2013/4/1~5
MRS Spring Meeting(サンフランシスコ)にて、徳留、高橋が発表を行いました。

Masahide Takahashi (Invited)
Formation of Titanate Nanotube Brushes for Superhydrophobic Adhesive Surfaces

Yasuaki Tokudome, Naoki Tarutani, Kazuki Nakanishi, Masahide Takahashi
Synthesis of Layered Double Hydroxide (LDH)-based Monolithic Composite with Hierarchical Macro/Meso Channels for Improved Ion-Exchange Characteristics



2013/3/17~18
日本セラミックス協会年会にて発表

表面微細しわ構造を有するメソポーラスシリカ薄膜の作製
(大阪府立大学)○朝倉元樹・岡田健司・鈴木一正・徳留靖明・髙橋雅英

水熱合成法によるコアシェル構造を有する単分散BiFeO3マイクロ球の作製
(大阪府立大学)○鈴木 一正・徳留 靖明・高橋 雅英

チタン酸ナノチューブブラシを用いた吸着性超撥水表面の形成
(大阪府立大学)○岡田健司・中平敦・徳留靖明・高橋雅英


2013/3/6
新4年生配属決定!!飛び級進学の西村と併せて5人の新メンバーが増えました。(H25度は総勢16名の大所帯です。3月は一時的に19名!!メンバーページは追々更新予定)


配属早々、自分の居場所(机とか)作りです。
(左から:国脇、森本、堀筋、原)
2013/3/6~7
共同研究者のPaolo Falcaro博士(CSIRO)が国際交流事業の一環で研究室に滞在しました。MOFの形成やパターニングに関する最新の成果についてのセミナーを行いました。


セミナー後にFalcaro博士(中央)と記念撮影


2013/3/2
何故か一時帰国していた徳留助教が,イタリアに戻っていきました。
2013/2/24~25

高橋研創設以来初の講座旅行に行ってきました。
香住温泉~古城巡り(出石、竹田城)


日本のマチュピチュ(と自称している)・竹田城趾にて



2013/2/18~19

卒研発表会が行われました。朝倉、阿部、中根、劉が発表しました。


発表が終わって、すっきりした表情の4年生達
(左から:劉、朝倉、中根、阿部)

2013/2/15
念願の薄膜X線回折装置Smart Labが動き出しました!
In-plane測定やU-SAXSも付いていて、試料作製→すぐ測定できる環境になりました。


Smart Lab with 徳留助教(一時帰国中)


2013/2/14
修論発表会で岡田、北永、矢木の3名が発表しました。
(写真取り忘れ...)
2013/1/27
泊まり学生のソファー争奪戦が激化してきたので、三段ベッドを導入!

組み立て中
研究室で複数が泊まって実験できるようになったのが、とてもうれしいようです。


2013/1/22~25
BMMP-13(The 13th International Symposium on Biomimetic Materials Processing、岐阜・高山)にて、高橋が招待講演

Formation of Titanate Nanotube Brushes on various substrates for interfacial applications
M. Takahahshi, K. Okada, Y. Tokudome

チタン酸ナノチューブを基板上に配向成長させると、超親水性や吸着成長撥水性表面となると言う話です。


2013/1/1
あけましておめでとうございます。
2012/12/28
大掃除です。一年間よく頑張りました!
2012/12/25~27
研究グループの中間発表会を行いました。
日頃の成果を、きっちりとしたプレゼンテーション形式で発表します。1時間×13人で、二日がかりでみっちり議論を深めました!
終了後はもちろん、忘年会です!



牧浦研と合同で忘年会を行いました。招聘教授のKosmas先生(ダーラム大)、集中講義で来学していた田中先生(京大)、産学連携の津田先生など参加していただき、総勢20名声の大宴会でした!



イタリア留学中の徳留助教も、Skypeで宴会に参加!


2012/12/22
年末の恒例行事となりつつある「4研究室合同中間発表会」(関西大学)に参加しました。今年度は、学生による口頭発表が新たに追加されました。当研究室からは、D1の上野が口頭発表しました。

上野誠司
無水直接合成法によるアルミノボロシリケートガラスの分子設計


2012/12/12
徳留助教の論文が、J. Sol-Gel Sci. Technol.に受理されました!
アルコール縮合法によるシロキサン系透明材料で、サイト選択的に分子末端を修飾する技術を開発しました。シリコーン系材料の耐熱性が大きく向上します。日産化学工業との共同研究成果です。

Controlled Site Modification of Inorganic Networks in Hybrid Photocurable Resins for High Thermal Crack Resistance
Yasuaki Tokudome, Tetsuo Sato, and Motohiko Hidaka, Masahide Takahashi

J. Sol-Gel Sci. Technol., accepted.


2012/12/05
吉井雄飛(M1)がイタリア留学から帰国。一皮むけたと噂の彼の活躍を期待しています。
先に帰った岡田と一緒に磁性マイクロロールの動的応答の研究を行いました。是非とも、2012年内の論文投稿を目指しています!!!



ちょっとやせたかも(イタリアワインとともに)
2012/11/15
岡田(M2)と鈴木(M1)がイタリア留学から帰国。どこまでイタリア化しているか検証中です。
岡田は磁性マイクロロールの動的応答、鈴木は液滴クロマトグラフィーによるマイクロオブジェクト分離・整列の研究を行いました。二人とも、2012年内の論文投稿を目指しています!!!



これからすき焼きを食べに行くそうです


2012/10/31
泉陽高校の2年生が大学訪問。当研究室にも10名がデモ実験に参加しました!ゾル-ゲル法でシリカファイバを作りました。


2012/10/24~26
北海道大学で第53回ガラスおよびフォトニクス材料討論会に参加。矢木(M2)がナノ粒子マスクを用いた、モスアイ構造形成の話、高橋がブロックコポリマーの光誘起相転移を用いた、結晶/アモルファスパターンの形成に関して報告。

最終日に矢木が(たぶん食中毒)で、病院に搬送されるというアクシデントがありましたが、何とか無事全員帰阪しました。

ナノ粒子二次元配列マスクを用いた表面微細構造の形成,
(1:大阪府立大, 2:北大)○矢木信介 1), 徳留靖明 1), 高橋雅英 1), 西井準治2)

大阪府立大学 大学院工学研究科 物質・化学系専攻ナノテク基盤材料研究グループ, (大阪府立大院工)徳留靖明, ○高橋雅英

ブロックコポリマーの光誘起相転移を利用した階層的高次構造酸化物薄膜の形成,
(1:大阪府立大院工, 2:CSIRO)岡田健司 1), 徳留靖明 1), ○高橋雅英 1), P. Falcaro2)



2012/10/20
徳留助教がサッサリ大学iLMNTに一年の研究留学に出発。研究室の大黒柱が、しばらく留守にします。



みんなに見送られて、ニヒルな背中を見せながら研究室を出発する徳留助教(奥真ん中)。手前は高橋研だけでなく中平研の学生も一緒に見送っています。(阿部(左手前)はウルっと来ている様子)


2012/10/12
M1吉井がサッサリ大学iLMNTに短期留学第2陣として旅立ちました。あちらでは、先発している岡田、鈴木と共同生活です。50日あちらに滞在予定です。




2012/10/8~12
MS&T2012(Pittsburg, U.S.A.)にて、高橋が招待講演

Masahide Takahashi (Invied)
Titanate nanotube Brushes for Functional Interfacial Applications


2012/09/28
M2岡田とM1鈴木が、サッサリ大学(イタリア)iLMNT(International Laboratory of Materials Science and nanotechnologies、所長:Plinio Innocenzi)50日の留学に旅立ちました。
ナノメソ材料国際共同研究所による人材交流です。


岡田

鈴木



2012/09/23
講座旅行に行けなかったので、BBQを楽しみました!!(@大泉緑地)上記、岡田、鈴木、吉井、徳留の留学壮行会も兼ねてます。




2012/09/21
徳留助教、鈴木の論文が、Scientific Reports に公開されました!受理から公開までが早い!!(2週間でした)

シリカとポリマーのハイブリッド薄膜表面に、制御された光活性化過程を利用して階層的な周期的しわ構造の形成に初めて成功しました。さらに、得られた階層的な周期的微細構造は、階層ごとに独立した外場応答性の制御も実現しました。
応答性の微細構造表面としてLab-on-a-chipやMEMS、DDSへの応用が期待されます。




Yasuaki Tokudome, Kazumasa Suzuki, Takuya Kitanaga, and Masahide Takahashi
”Hierarchical Nested Wrinkles on Silica−Polymer Hybrid Films: Stimuli-Responsive Micro Periodic Surface Architectures"

Sci. Rep. 2, 683; DOI:10.1038/srep00683 (2012)

2012/09/19~21
日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウムにて徳留助教と吉井が発表!!
吉井は初オーラル(にも関わらず座長等で援軍無し)です。

酸塩基反応を用いたケイリン酸塩系オリゴマーの分子設計
(大阪府立大学)○吉井雄飛・徳留靖明・高橋雅英

組成傾斜メソポーラスシリカ膜における階層的高次構造の形成
(大阪府立大学)○徳留靖明・朝倉元樹・鈴木一正・高橋雅英

層間ゲストの超高速交換に向けた層状水酸化物階層的多孔構造の作製
(大阪府立大学)○徳留靖明・樽谷直紀・高橋雅英
(京都大学)中西和樹


2012/09/18
日本セラミックス協会第25回秋季シンポジウム・第61回高分子
討論会ジョイントサテライトシンポジウム“革新的ハイブリッド材料研究討論会”にて髙橋が招待講演。

「交互共重合型の酸化物オリゴマーの創製と応用」
(大阪府立大学)高橋雅英
2012/09/10~11
2012 OPU-KIST-ECUST Joint Symposium on Advanced Materials and their Applicationsにて、徳留が招待講演、上野と岡田がポスター発表!!
岡田君は、Best Poster Awardを受賞!!おめでとうございます!

Yasuaki Tokudome (invited)
Spontaneous Formation of Macroporous Inorganic Materials: Synthesis Strategy for Mixed Metal Oxides and Phosphates with a Monolithic Form

Seiji Ueno
Borosiloxane Copolymers via Non-Aqueous Reaction for Patternable Protective Coatings

Kenji Okada (Best Poster Award!!)
Titanate Nanotube Brushes for Superhydrophobic Adhesive Surface and Photocatalyst




2012/09/6
徳留助教、鈴木の研究が、Scientific Reports に受理されました!

Yasuaki Tokudome, Kazumasa Suzuki, Takuya Kitanaga, and Masahide Takahashi
”Hierarchical Nested Wrinkles on Silica−Polymer Hybrid Films: Stimuli-Responsive Micro Periodic Surface Architectures"

Sci. Rep. 2, 683; DOI:10.1038/srep00683 (2012)

2012/09/4~6
徳留が、9th International Conference on Electroluminescence & Organic Optoelectronics(ICELS2012、福岡)にて講演
2012/09/3
大学院入試、全員合格おめでとう!!
2012/08/27
PublicationsとMemberページを更新
顔写真をメンバーから回収したら、うちの研究室では変な顔の写真が流行している事が判明。誰が誰か分からん。まあ、いいか。

Facebookの「いいね!」ボタンも配置してみました。
Publicationsページは、2年分だけですが、過去の論文も徐々に増やして行きます。


2012/08/21-22  
博士前期・後期課程入試 前期課程3名、後期課程1名受験

2012/08/20
トップページを更新しました。

これまでWebページ作成に使ってきたMacBookProが2月に突然の心停止...懸命の蘇生活動もむなしく永眠する。その後、気になりつつも忙しいことを言い訳に更新をサボっていた。一念発起し(?)ホームページビルダーを購入、めでたく本日の再公開にいたる。(ただし、まだトップページのみ)

いくつかリンク切れていますが、徐々に直していきます。

2012/07/26~27
日本ゾル-ゲル学会第10回討論会にて鈴木一正と吉井雄飛がポスター発表。鈴木君は、ベストポスター賞を受賞!!!おめでとう!

鈴木一正、北永卓也、徳留靖明、高橋雅英
「光誘起によるSiO2-ポリマーハイブリッド薄膜への入れ子状しわ構造の形成と外部刺激応答性の開拓」
ベストポスター賞受賞!!



吉井雄飛、徳留靖明、高橋雅英
「交互共重合型ケイリン酸塩系オリゴマーの分子形態制御」
体調不良(おそらく熱中症)を押しての立派な講演でした!


2012/07/26~27

日本ゾル-ゲル学会第10回討論会にて高橋が招待講演

「その場測定を駆使したゾル-ゲル過程の追跡と 機能材料合成への応用」

張り切りすぎたタイトル(かつ内容がよく分からない)で、発表準備に苦労しました...
2012年最近の論文
受理日とか公開日が分からないので、最近の論文をまとめて紹介

[1] 豪州・CSIROとの共同研究

Cara M. Doherty, Yuan Gao, Benedetta Marmiroli, Heinz Amenitsch, Fabio Lisi, Luca Malfatti, Kenji Okada, Masahide Takahashi, Anita J. Hill, Plinio Innocenzi, Paolo Falcaro,
“Microfabrication of Mesoporous Silica Encapsulated Enzymes using Deep X-Ray Lithography”,
J. Mater. Chem., 2012,22, 16191-16195.



A bottom-up enzyme encapsulation technique on mesoporous silica together with top-down deep X-ray lithography provides a novel fabrication method for producing bioactive mesoporous patterned substrates for potential use as a biosensing platform. This precise, spatially controllable functionalisation technique is promising for micro-fluidic or lab-on-a-chip type devices.

[2] LucaとPlinio来日時の実験の成果

Luca Malfatti, Yasuaki Tokudome, Kenji Okada, Shinsuke Yagi, Masahide Takahashi, Plinio Innocenzi,
“Coffee stain-driven self-assembly of mesoporous rings”, Micropor. Mesopor. Mater., accepted.



Mesoporous monodispersed beads have been self-assembled through coffee stain effect to form rings with a close packed 2D hexagonal monolayer structure. The mesoporous rings have been tested as a device for absorbing fluorescent probe molecules.


[3] Cristiana来日時の成果

Takahashi M., Figus C., Malfatti L., Tokuda Y., Yamamoto K., Yoko T., Kitanaga T., Tokudome Y., Innocenzi P.,
“Strain driven self-rolling of hybrid organic-inorganic microrolls: interfaces with self-assembled particles”,
NPG Asia Materials, 4, e22 (2012). DOI: 10.1038/am.2012.40.



Strain-driven micro- and nanorolls fabrication is generally restricted to multilayer and multiprocessing systems, which limit the possibility of exploiting the self-organization at different length scales. We have designed a hybrid organic–inorganic film whose surface shows a selective response to external stimuli, which induces mechanical strain and self-rolling in one-step–one-layer fabrication. The scrolling is initiated by water and any aqueous solution that also contains molecules or colloidal particles. During scrolling, the different species in solution remain entrapped in the rolls, giving rise to functional microrolls.

[4] 豪州・CSIROとの共同研究

C.M. Doherty, E. Knystautas, D. Buso, L. Villanova, K. Konstas, A.J. Hill, M. Takahashi, P. Falcaro,
“Magnetic Framework Composites for Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Sequestration”,
J. Mater. Chem., 22(23), 11470-11474 (2012).



A framework composite was prepared by growing MOF-5 crystals on ferrite nanofibers. We demonstrated that the resulting superparamagnetic framework composite was used for the sequestration of a carcinogenic molecule (1,2-benzanthracene), enabling the loaded vessel to then be collected and removed from the solution using the magnetic properties of the embedded nanofibers.


[5] 岡田君の渾身の一報

Okada K., Tokudome Y., Falcaro P., Takamatsu Y., Nakahira A., Takahashi M.,
”Titanate nanofunnel brushes: toward functional interfacial applications”,
Chem. Commun., 48(49), 6130-6132 (2012).



Titanate nanofunnel brushes were grown on sol–gel derived amorphous TiO2 thin films, whose shape can be tuned from nanosheets to nanofunnels by changing hydrothermal conditions. A superhydrophobic adhesive surface was achieved by a chemical modification of the brushes.



2012/06/15~23
高橋がサッサリ大学のInnocenzi研にて共同研究
2012/06/10~14

CIMTEC2012 (International Conferences on Modern Materials and Technologies incorporating The 4th International Conference "Smart Materials, Structures and Systems" , Montecatini Terme, Italy)にて、高橋が招待講演

”Photo-Fabrication of Stimuli-responsive Periodic Micro Structures on Oxide-Polymer Hybrid Films”

2012/06/05
京都大学工学研究科分子工学専攻の分子工学コロキウムにて高橋が講演

「有機+無機<有機-無機ハイブリッド? ~複合化は+αを生み出すのか?~」

高橋が京大在席時には、分子工学コロキウムの世話役を勤めたこともあり、ちょっと不思議な感じがしました。記念品のペン(分子工学の人間は貰えない)をいただき、とてもうれしかったです。

2012/05/31
ニューガラスフォーラム 第1回目のニューガラスセミナー(テーマ:有機-無機ハイブリッド材料)にて高橋が招待講演

「無溶媒縮合法を用いた有機修飾酸化物交互共重合体の作製と応用」

2012/04/19

The 12th Eurasia Conference on Chemical Sciences (EuAsC2S-12、4/16~20, ギリシャ・コルフ島)において、高橋が招待講演

"Stimuli-responsive Periodic Micro Structures on Oxide-Polymer Hybrid Films"

2012/04/01

ナノメゾ材料国際共同研究所(iLMNT: International Colaborative Laboratory of Materials Science and Nanotecchnologies) が大阪府立大学・21世紀研究機構内に設立!!マルチスケール材料の国際共同研究による成果創出と人材育成を目標とする。

所長:高橋雅英
副所長:Plinio Innocenzi
研究員:中平敦、松岡雅也、牧浦理恵、徳留靖明、Luca Malfatti
    Cristiana Figus

2012/04/01
新4年生が4名配属!がんばって良い研究者になってください。

朝倉元樹
阿部里紗
中根浩平
劉増光(21機構・牧浦研と共同研究)
福井つばさ(21機構・小菅研に派遣)

2012/03/31
ニューガラス研究会(キャッスルホテル大阪)にて、高橋が招待講演
「無溶媒縮合法による酸化物ガラス前駆体の作製と応用」

2012/03/21~31

徳留が、サッサリ大学にて共同研究およびElettra放射光施設(Trieste, Italy)にてSAXS実験

2012/03/23

ナノテク基盤材料研究グループの4年生が卒研発表会の優秀発表1-2-3を達成しました!! 

第1位 鈴木一正
第2位 樽谷直樹
第3位 吉井雄飛

吉井君は最後の一言がなければさらに上位を狙えたかも!?


受賞記念フォト
(左から)樽谷、高橋、鈴木、吉井

2012/03/07
岡田健司君が平成23年度 表面科学会関西支部20周年若手ポスター発表会」において、最優秀ポスター賞を受賞しました。



2012/02/09
The 1st Japan-Italy Workshop on Sol-Gel for Advanced Functional Materialsを開催。プログラム


講演者
(前列左から)Innocenzi先生、作花先生、幸塚先生
(後列左から)高橋、牧浦先生、Malfatti先生、忠永先生

2012/01/27
Luca Malfatti博士が受託研究員として滞在(2012/01/27〜02/11)
Innocenzi教授の研究室の助教であるMalfatti博士が客員研究員として滞在します。Innocenzi教授との共同研究が大幅に進展するでしょう!
2012/01/21
Plinio Innocenzi教授(サッサリ大学・イタリア外務省)が招聘教授として研究室に滞在(2012/01/21~02/11)
府大の外国人教授招聘事業により、Innocenzi教授を招聘しました。講義と共同研究を行っていただきます。
2012/01/15
客員研究員のCristiana Figusの論文が、Journal of Sol-Gel science and technologyのSpecial issue “Sol-Gel in Italy”に掲載!

Cristiana Figus, Masahide Takahashi, Tongjit Kidchob, Toshinobu Yoko, Massimo Piccinini, Maria Casula and Plinio Innocenzi
"Formation of hybrid nano-crystals in organic–inorganic films from a basic sol"
J. Sol-Gel Sci. Technol., 2011, Volume 60, Number 3, Pages 275-282


2012/01/10
岡田君の論文がJournal of Sol-Gel Science and Technologyに受理される!受理されました。二報目もすぐに投稿すると意欲満々です!

Kenji Okada, Yuichi takamatsu, Atsushi nakahira, Masahide Takahashi
“Highly oriented titanate nanotubs in micro and confinment spaces from sol-gel derived amorphous TiO2 thin films under moderate hydrothermal conditions”

J.Sol-Gel.Sci.technol. DOI: 10.1007/s10971-012-2685-y.

ナノテク基盤材料研究グループ

〒599-8531
大阪府堺市中区学園町1-1
大阪府立大学
大学院工学研究科
物質・化学系専攻
マテリアル工学分野

TEL +81-(0)72-254-9309

copyright©20XX LMNT@OPU all rights reserved.